SITE NAVI

シングルゴルファーになるためには

アマチュアゴルファーのレベルを判断するときに基準となるのがハンディキャップです。そして、ハンディキャップがひと桁台のアマチュアゴルファーたちのことをシングルと呼びます。言い換えれば、ほぼ毎ラウンド悪くても80前後でラウンドしてくる人達ということです。シングルゴルファーの仲間入りをすることは、アマチュアゴルファーにとって1つの大きな目標となっています。しかしながら、それを達成するためにはかなりの練習が必要となるでしょう。シングルゴルファーの数はゴルフ人口の1パーセント程度と言われていますので、その数字だけを見てもいかに難しいかがわかるでしょう。人によってはゴルフを始めてすぐにシングル入りする人もいますし、長年ゴルフを続けていてもなかなかシングル入りできない人も大勢います。

やはり、シングルゴルファーになるためには一般のアマチュアゴルファーとは違う何か特別な力が必要となるでしょう。例えば、パターには絶対の自信と技術を持っていたり、どのクラブも飛距離はあまり出ないが絶対に曲げないなど良いスコアでラウンドするための大きな武器を持っているということです。やはり、絶対的に自信があるクラブが1つでもあるという事はとても有利になります。自分の得意クラブを見つけてみるのもスコアアップのために良い方法の1つであると言えるでしょう。

Copyright (C)2017雨の中でもゴルフを楽しむために.All rights reserved.