SITE NAVI

左利きでも右打ちで始めたいゴルフ

左利きの人にとってゴルフをレフティで始めるという事は、もうその時点で不利な状況になってしまっていると言えるでしょう。レフティ用のゴルフクラブは非常に少なく、メーカーも限られてくるため選択肢がほとんどないと言っても過言ではありません。極端に力がある人や、逆に非力な人にとって中古でクラブを購入するのも難しい状況になってしまいます。細かい部分まで見れば、ゴルフ用のグローブもかなり種類は少ないため、こちらも限られた中から選ぶしかありません。ゴルフ仲間のクラブを試し打ちしたりすることもできませんので、自分に向いているクラブを探すのにも非常に苦労するでしょうし、新品でしか希望のクラブがない場合などは非常にお金がかかります。長くゴルフを続けていきたいのであれば、ゴルフを始める段階で右打ちで始めた方が将来的には色々と有利になると言えるのです。

もちろん左利きの人でも、器用な人と不器用な人がいますので慣れるまでにかかる時間は変わってくると思いますが、しっかりと練習をすればそのうち慣れてきます。プロゴルファーの中にも左利きで右打ちをしている人も数多くいます。挫折しそうになっても、そこで諦めずに継続して右打ちの練習をすることがとても大切です。

PR情報

Copyright (C)2017雨の中でもゴルフを楽しむために.All rights reserved.